2008年07月08日

道徳の授業2

子供達にどんな感じで、迎えてくれるんだろう・・・
昨日の事は、覚えてくれているんだろうか?・・・なぁ〜んて思いながら
教室に・・・覚えていてくれました。
昨日にもまして、大歓迎。

昨日は、触るのにも時間が掛かった子も、
昨日は、おっかなくて自分の感情を押えきれなかった子も
昨日は、遠くから見ていた子も
昨日は、どうしていいかわからなかった子も
昨日は、笑顔が無かった子も

今日は、心がほぐれていた感じが
自分から寄ってきて、自分から、犬と遊んで、自分らリードを引っ張って
自分から、名前聞いてきて・・・昨日とは、違います。

今回の授業のねらいは「生命尊重」
そこで、母ちゃんは、子供達に、ワンの心臓の音をきかし、
「生きてる」ね!
「優しく」は、子供達の頭を借りて、これが優しく優しくだよ、気持ち良いでしょ!ワンちゃんも、優しくなぜると、気持ちいいんだよ。

子供達は、この2日間で何を感じたのでしょうか?
生命尊重なんて、重たい肩書きは、いりません
でも、僕たち私たちと同じ生きている、優しくすると気持ちいいんだ、
少しでも、わかってくれたら嬉しいです。

この2日間の訪問でしたが、昨日より今日、今日より明日って感じでした。

今度、お外であったワンちゃんに、きっと今までと違った子供達になってくれる事を・・・



ニックネーム Yumi at 22:07| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする