2008年10月07日

一頭地

父ちゃんの側.JPG

父ちゃんの側2.JPG

春は、父ちゃんが大好き黒ハート
いつも、とうちゃんの側に。

ニックネーム Yumi at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

ニャン子のドア

さっちゃん!こんにちわ。

幸ドアの前.JPG

幸こんにちわ.JPG
ニックネーム Yumi at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

ソニアお婆ちゃんに似てきました。

黒ラブが、大好きだった飼い主さんを亡くして、真っ白くなってしまった
実話を知っていますか?
   ↓
http://sonia.he-artcinema.com/sonia.html
ソニアは、愛のお婆ちゃん。

顔も似ていますが・・・
優しく、明るく、性格も似ています。
が・・・・・
最近、体系も・・・もうやだ〜(悲しい顔)
皆に「愛ちゃん太った?」って言われるけ、ご飯の量は変わらないのに

きっと、遺伝かも!(ソニアお婆ちゃんごめん)

叔母ちゃん.JPG
ソニア   愛





ニックネーム Yumi at 16:20| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

「愛してる」って事、きっとわかる

この物語は、実際にあった話です。
       ↓
http://www.animalpolice.net/jititai/himawari/

涙なしでは、見られませんでした。
同じ人間として、恥ずかしく、残酷なんでしょう
愚かな生き物なのでしょうと・・・・

今、もし、手放そうと思っている飼い主さんが、居たら、
もう一度、考えて下さい。
楽しかった事、辛かった事、愛情を注いでいたときの事を・・・・

愛情は、嘘をつきません。



ニックネーム Yumi at 15:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

考えたくない事!でも・・・・

いつか!この子達も死を迎える時が来ると思います。
そんな事を考えると、せつないけど、実際やってくる、
いや!絶対やってくる、悲しい時・・・

父ちゃんは言います
「この子達は、お前より(母ちゃん)先に死ぬよ、今から、ちゃんと心の準備しなきゃ」って考えたくない事!なんだけど、考えないと・・・

その通り、暮らした時から考えなきゃ!母ちゃん見たい性格は
ペットロス!間違いないかも


ニックネーム Yumi at 16:52| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

ラン!

IMG_1105.JPG

ランも拾った猫です。
5年前の9月21日、道路のセンターラインの白い所にうずくまって・・・
「なんだぁ〜?」って見たら、なんと!猫・・・・
ガリガリに痩せて、手の平に乗るくらい小さな女の子の猫ちゃん
この子!死んじゃう”って思ったくらい痩せていて・・・
すっごく、可愛くない顔で(^0^)
ニャンニャン泣いていて・・・・きっと母親からはぐれた?様子でした

でも、その当時、愛は、まだ、やんちゃ盛りで、飼うのは、
とっても迷ったけど、そこが!母ちゃんの性格

「何とかなるさ」「わかってくれるさ」

あの時、置いてこなくていかった、
無論!置いてなんてこれなかったけど
そんな!ランは、健康で毎日だ楽しいようです。

ラン!貴方を知らん振りしてそのままにしてきたら・・・
きっと、後悔したね。

「後悔はしない方がいいよ」って教えてくれたのは
ラン!貴方かも・・・・


ニックネーム Yumi at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

自分の家族に置き換えて

テツの笑顔2008年9月.jpgショコビーパパさんが写してくれた、
笑顔のテツ

今日は、久しぶりに、動物管理センターのHPを見ました。
              ↓
http://www.city.sapporo.jp/inuneko/index.html

なんと、10匹以上が、収容されているじゃないですか
きっと、何かの手違いで保護された子と思えるワンちゃん
明らかに、捨てられたと思えるようなワンちゃん、

いずれにせよ、みんな、暗く無表情で不安な顔です

なぜ、なぜとしか、言葉が出ません
家族の方が探し方がわからない場合もあるかも知れませんが

自分の人間の子供がいなくなったら!どうしますか?
考えてみて下さい。

自分の人間の子供を「ポイ」って捨てれますか?捨てたらそれこそ、
事件で逮捕されます。

ワンだって!いや動物はみんな家族の一人なんです。

我が家の愛と春も何年か前、散歩中、花火にビックリして
逃げて離れ離れになり
人目構わず、名前を呼んで探し、走ってたパトカーを急停止させ、
しかも、管理センターにも連絡してもらい
探してもらったことを思い出します。

お願いです。
もし「どうしてもどうしても飼えなくなってしまった」って言う場合は、
今まで暮らした大事な家族です、
新しい飼い主を見つけてください。
優しく、最後まで見てくれる家族を必死になって探してください。
それが、飼い主の指令です。

2度と悲しい思いをさせないで下さい。

テツは、我が家の家族になってから、7ヶ月が過ぎました。
引き取る時、動物管理センターの方が
「躾は全くされて無い様だし、とにかく吠えるしそれでもいいですか?」って

それでもいいよって答えを出した我が家
来たばっかりの頃は、ほんと、大変でしたが、

今は、ある程度の事は出来るようになり、吠え癖も無くなりました。

テツの笑顔を見てください。
躾も何も出来なかったテツが、セラピー犬になろうとして日々頑張ってます。

てつ笑.JPG


ニックネーム Yumi at 16:08| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする