2008年10月01日

自分の家族に置き換えて

テツの笑顔2008年9月.jpgショコビーパパさんが写してくれた、
笑顔のテツ

今日は、久しぶりに、動物管理センターのHPを見ました。
              ↓
http://www.city.sapporo.jp/inuneko/index.html

なんと、10匹以上が、収容されているじゃないですか
きっと、何かの手違いで保護された子と思えるワンちゃん
明らかに、捨てられたと思えるようなワンちゃん、

いずれにせよ、みんな、暗く無表情で不安な顔です

なぜ、なぜとしか、言葉が出ません
家族の方が探し方がわからない場合もあるかも知れませんが

自分の人間の子供がいなくなったら!どうしますか?
考えてみて下さい。

自分の人間の子供を「ポイ」って捨てれますか?捨てたらそれこそ、
事件で逮捕されます。

ワンだって!いや動物はみんな家族の一人なんです。

我が家の愛と春も何年か前、散歩中、花火にビックリして
逃げて離れ離れになり
人目構わず、名前を呼んで探し、走ってたパトカーを急停止させ、
しかも、管理センターにも連絡してもらい
探してもらったことを思い出します。

お願いです。
もし「どうしてもどうしても飼えなくなってしまった」って言う場合は、
今まで暮らした大事な家族です、
新しい飼い主を見つけてください。
優しく、最後まで見てくれる家族を必死になって探してください。
それが、飼い主の指令です。

2度と悲しい思いをさせないで下さい。

テツは、我が家の家族になってから、7ヶ月が過ぎました。
引き取る時、動物管理センターの方が
「躾は全くされて無い様だし、とにかく吠えるしそれでもいいですか?」って

それでもいいよって答えを出した我が家
来たばっかりの頃は、ほんと、大変でしたが、

今は、ある程度の事は出来るようになり、吠え癖も無くなりました。

テツの笑顔を見てください。
躾も何も出来なかったテツが、セラピー犬になろうとして日々頑張ってます。

てつ笑.JPG


ニックネーム Yumi at 16:08| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする