2008年03月20日

マロンちゃん!又来てね

マロンちゃん

マロン.JPG
また来てね

テツと切」2.JPGテツと切.JPG

先日、ラブ子犬「マロンちゃん」が遊びに来てくれた時
テツがしつこくしちゃって・・・
マロンちゃんが、嫌な思いさせてしまった事に、母ちゃんは、
とってもとっても、悲しくて悲しくて・・・

今日は、父ちゃんの、実家の家に・・・
ちっちゃい「きり」にも、優しいテツ・・・

なんで、マロンちゃんに、しつこくしたの・・・
犬!なんだから・・・
そうなんでしょうか?
でも、私は、違うと思うんです。
犬だから、飼い主の気持ちがわかってくれるのでは。。。。

今度、遊びに来た時は、優しくしてね


ニックネーム Yumi at 20:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テツくんにもそれなりの理由があるのかもしれませんが、takeさんが気になるくらいなので、どうしたのでしょうか?

テツくん、緊張してませんでしたか?
あくびしたり、鼻をペロペロなめたり、体を震わせたり、床を嗅いでいたり、いろいろな動作で緊張を表していなかったですか?
犬なりの「シグナル」があるようですよ。
反対にマロンちゃんも、こんな動作していませんでしたか?
そういう時は、しばらく距離を持った方がいいと思いますが・・。
犬同士がリラックスするまで、飼い主さんの方で気をつけてみるのもいいかもです。
差し出がましいこといってすみません。
犬の「カーミングシグナル」(落ち着きの行為)を読み取ることができると、飼い主さんを信頼してくれて、自分なりにリラックスする行為をするらしいです。
犬はそもそも争いごとを嫌う文化を持っていると聞いていますから、あせらずゆっくりとテツくんの気持を悟ってみて下さい。
私も2わんこの気持ちを読み取る勉強中です。

「おしゃべりわんこの物思い」というブログを検索すると詳しくわかりますよ〜〜。
Posted by もか王 at 2008年03月22日 13:02
★もか王さん★

ありがとうです。
私達も、テツの行動が、読み取れませんでした。
でも、テツが我が家に来てからの行動を見ると
優しく、攻撃性が無く、リーダーになるタイプでは、
ないと思う位の、優しい子です

私が思うには、
子犬の行動が、きっと、見たこともない行動だった。
余りにも、動きが速く、犬と認識していない。
何が、なんだかわからない。

一番はテツの心の準備が、出来ていないのに、私たちが
指示できなかったのが、原因です。

私たちは、おかしな位、自分の犬を「賢い」とか
「うちの子が一番」なんて思っていません

でも、心がわかってくれる「家族」と思って居ます

今度、是非是非是非、遊びに来てください。
Posted by yumi at 2008年03月22日 18:54